海外FXはトレーダーに嬉しい環境が充実

人気が出た当初に比べるとFXは年々規制が厳しくなって金融庁が常に目を光らせていることもあり、昔からFXをしている私のような人にとっては手法の変更を余儀なくされるほどの法改正があったりもして、なかなか思うようなトレードが出来ていないのが現状だと思います。

そんな国内のFX事情でひたすらあがいていくよりは、まだまだ締め付けの緩い海外FXに移ってストレスフリーなトレードをするほうが稼ぎもメンタルも安定すると考え、つい最近FX口座に充てていたお金を全て海外FX口座に入れて運用することにしました。

そしてトレード手法として始めたのがティックチャートを見ながらの秒単位スキャルピングなのですが、なぜ国内ではその手法をやっていなかったのかというと頻繁すぎるトレードは国内の多くのFX業者で禁止されているからです。

あまりにも秒単位のトレードを繰り返しすぎると口座凍結の可能性がある国内よりは、トレード頻度だけでなく他の多くの面で大らかなことは物凄いメリットだと思うので、これからFXをするときは海外をメインでやっていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>