海外のFX業者は日本の業者より安全!?

日本人の性質は日本の製品なら安全だという考えが根底にあります。ですから国産品を好む人が多く、それはFX業者においても同じことが言えるでしょう。

ところが、実は日本のFX業者は借金ができる可能性があります。借金のことを業界では追加証拠金と言いますが、日本のFX業者は何年かに一度起こる急な為替変動に対応できず、いわゆる窓が開いたときの状態でマイナスになってしまうことがあります。
たとえば10万円投資しているとして窓が開いたことで12万円分動いたと仮定します。
すると2万円分がマイナスになりますが、この場合FX業者に2万円証拠金振り込む必要があります。無視した場合、債権回収されることは言うまでもありません。

さて、一方の海外のFX業者はゼロカットというシステムがあります。
それは上記に記したマイナス2万円分を支払わなくていいということです。
つまり、それが例に挙げた2万円程度ならどうにかなりますが、万が一投資金が多く2000万円のマイナスになった場合は人生破産の道です。

海外FX業者の口座開設は日本からでもカンタンに開くことが出来ます。

そのFX取引ですが、せっかくなら海外FXに目を向けてみるべきです。海外FXには大きな可能性が秘められています。大きな利益を上げたい方は特に国内よりも海外がお勧めになります。 ただし、海外FX業者につきましては口座開設が難しいとひいてしまう方もいます。特別なやり取りも必要ではないかと思ってしまう方もいます。書類なども海外へ郵送していかなければいけないのかと思ってしまっている方もいます。しかし、わずらわしいような手間は一切かかりません。実は、WEBフォームのみで口座開設につきましては完結するようになっています。
参考:海外FXランキングnavi | 人気で安全な海外FX業者を徹底検証!

口座開設も容易に出来てゼロカットシステムのメリットを享受できる海外業者は頻繁にFXトレードをしている方全員にオススメできます。

しつこいようですが、海外のFX業者はゼロカットシステムが多く、どれだけ損失を出しても自分の投資金以上のマイナスにはならず安心してトレードできる利点があるのです。

ぜひこれを機会に口座開設の検討をしてみてはいかがでしょうか?

アイフォレックスについて

海外のFX業者と国内のFX業者を比べて一番の大きな違いは、やはりレバレッジの高さでしょう。
業者によっては1,000倍なんてところもあります。ただ、そんな時便利な会社がアイフォレックス(通称アイフォ)。

クレジットカードを使ってそのショッピング枠を使って入金します。
日本語のサポートもあり、英語が苦手な方でも簡単にウェブ上で本人確認、カード登録ができます。
また、チャットで電話を予約しておけばだいたい日本時間の午後に日本人のスタッフから電話がかかってきます。レバレッジは最大400倍。為替だけでなく、石油やコーヒー豆、金などの先物取引もできます。

ただ、心配なのはレバレッジの高さでしょう。ちょっとした変動で数十万が一瞬で無くなってしまうことも(もちろん、取引量を少なくすればよいのですが)。

また、海外のFX業者は税金が国内と比べて高いこと。
1800万円以上の利益を出しても、最大税率50パーセントがかかります。
レバレッジは国内でも法人として登録すれば400倍までですので、専業トレーダーの方はその方がよいかもしれません。ただ、あくまで自己責任で。