海外FX業者の優れた点

海外FX業者の口座を持つことはできますが、敷居がやや高いとも言えます。日本のレバレッジ規制が最大25倍であるのに対して、海外の業者はこの規制から外れることがメリットの一つです。資金の効率的な運用を考慮すると、海外FX業者の口座を持つ意味はあるかもしれません。

国内はFXの投資家保護の観点からこうしたレバレッジ規制がありますが、FXの初心者である投資家の方々には意味があると言えます。この規制がない海外FX業者の口座はレバレッジ100倍等のトレードはできるようになっています。実際にこうしたFXトレードを選択するかはFX投資家の自己責任であり、幅広いの選択肢が用意されているのが海外FX業者と言えます。

海外FX業者は一般的にシステムトレードの提供を行なっていて、自動売買でのトレードができます。日本はこれから広がっていく可能性があるかもしれません。またEAは幅広い中から選択をすることができ、過去の実績等を比較検討して優れたEAが使えます。

海外FX業者はレバレッジがすごい

外FX業者のいいところは、ハイレバレッジで勝負できるところです。
日本はレバレッジ規制が行われたことで、今では25倍が最大という決まりになってしまいました。

昔は400倍で勝負できた時代があったのです。
しかし、調子に乗ってハイレバレッジで勝負して大けがをする投資家がどんどんでてきました。
そのままにしておくと、トレーダーが引退してFX離れが進んでしまうからこれではいけないということで規制されて現在のようになったのです。
それが理由で、日本は制限がかけられていますが、海外は規制がされていなくて、日本の何十倍というハイレバレッジを提供しています。
日本で規制される前のレバレッジ400倍なんて当たり前で、最高が1000倍なのです。
本当に夢の桁を提供しています。
そして、何処の海外FX業者も入金ボーナスを実施しています。
多いところでは、最大で入金額の100%をプレゼントしてくれます。

10万円の場合、入金した10万円と合わせると20万円になります。
頂いた10万円を証拠金に加えてトレードすることができます。

海外FXはトレーダーに嬉しい環境が充実

人気が出た当初に比べるとFXは年々規制が厳しくなって金融庁が常に目を光らせていることもあり、昔からFXをしている私のような人にとっては手法の変更を余儀なくされるほどの法改正があったりもして、なかなか思うようなトレードが出来ていないのが現状だと思います。

そんな国内のFX事情でひたすらあがいていくよりは、まだまだ締め付けの緩い海外FXに移ってストレスフリーなトレードをするほうが稼ぎもメンタルも安定すると考え、つい最近FX口座に充てていたお金を全て海外FX口座に入れて運用することにしました。

そしてトレード手法として始めたのがティックチャートを見ながらの秒単位スキャルピングなのですが、なぜ国内ではその手法をやっていなかったのかというと頻繁すぎるトレードは国内の多くのFX業者で禁止されているからです。

あまりにも秒単位のトレードを繰り返しすぎると口座凍結の可能性がある国内よりは、トレード頻度だけでなく他の多くの面で大らかなことは物凄いメリットだと思うので、これからFXをするときは海外をメインでやっていきたいです。