海外のFX業者は日本の業者より安全!?

日本人の性質は日本の製品なら安全だという考えが根底にあります。ですから国産品を好む人が多く、それはFX業者においても同じことが言えるでしょう。

ところが、実は日本のFX業者は借金ができる可能性があります。借金のことを業界では追加証拠金と言いますが、日本のFX業者は何年かに一度起こる急な為替変動に対応できず、いわゆる窓が開いたときの状態でマイナスになってしまうことがあります。
たとえば10万円投資しているとして窓が開いたことで12万円分動いたと仮定します。
すると2万円分がマイナスになりますが、この場合FX業者に2万円証拠金振り込む必要があります。無視した場合、債権回収されることは言うまでもありません。

さて、一方の海外のFX業者はゼロカットというシステムがあります。
それは上記に記したマイナス2万円分を支払わなくていいということです。
つまり、それが例に挙げた2万円程度ならどうにかなりますが、万が一投資金が多く2000万円のマイナスになった場合は人生破産の道です。

海外FX業者の口座開設は日本からでもカンタンに開くことが出来ます。

そのFX取引ですが、せっかくなら海外FXに目を向けてみるべきです。海外FXには大きな可能性が秘められています。大きな利益を上げたい方は特に国内よりも海外がお勧めになります。 ただし、海外FX業者につきましては口座開設が難しいとひいてしまう方もいます。特別なやり取りも必要ではないかと思ってしまう方もいます。書類なども海外へ郵送していかなければいけないのかと思ってしまっている方もいます。しかし、わずらわしいような手間は一切かかりません。実は、WEBフォームのみで口座開設につきましては完結するようになっています。
参考:海外FX比較ランキングcom | 人気で安全な海外FX業者を徹底検証!

口座開設も容易に出来てゼロカットシステムのメリットを享受できる海外業者は頻繁にFXトレードをしている方全員にオススメできます。

しつこいようですが、海外のFX業者はゼロカットシステムが多く、どれだけ損失を出しても自分の投資金以上のマイナスにはならず安心してトレードできる利点があるのです。

ぜひこれを機会に口座開設の検討をしてみてはいかがでしょうか?

アイフォレックスについて

海外のFX業者と国内のFX業者を比べて一番の大きな違いは、やはりレバレッジの高さでしょう。
業者によっては1,000倍なんてところもあります。ただ、そんな時便利な会社がアイフォレックス(通称アイフォ)。

クレジットカードを使ってそのショッピング枠を使って入金します。
日本語のサポートもあり、英語が苦手な方でも簡単にウェブ上で本人確認、カード登録ができます。
また、チャットで電話を予約しておけばだいたい日本時間の午後に日本人のスタッフから電話がかかってきます。レバレッジは最大400倍。為替だけでなく、石油やコーヒー豆、金などの先物取引もできます。

ただ、心配なのはレバレッジの高さでしょう。ちょっとした変動で数十万が一瞬で無くなってしまうことも(もちろん、取引量を少なくすればよいのですが)。

また、海外のFX業者は税金が国内と比べて高いこと。
1800万円以上の利益を出しても、最大税率50パーセントがかかります。
レバレッジは国内でも法人として登録すれば400倍までですので、専業トレーダーの方はその方がよいかもしれません。ただ、あくまで自己責任で。

海外FX業者の優れた点

海外FX業者の口座を持つことはできますが、敷居がやや高いとも言えます。日本のレバレッジ規制が最大25倍であるのに対して、海外の業者はこの規制から外れることがメリットの一つです。資金の効率的な運用を考慮すると、海外FX業者の口座を持つ意味はあるかもしれません。

国内はFXの投資家保護の観点からこうしたレバレッジ規制がありますが、FXの初心者である投資家の方々には意味があると言えます。この規制がない海外FX業者の口座はレバレッジ100倍等のトレードはできるようになっています。実際にこうしたFXトレードを選択するかはFX投資家の自己責任であり、幅広いの選択肢が用意されているのが海外FX業者と言えます。

海外FX業者は一般的にシステムトレードの提供を行なっていて、自動売買でのトレードができます。日本はこれから広がっていく可能性があるかもしれません。またEAは幅広い中から選択をすることができ、過去の実績等を比較検討して優れたEAが使えます。

海外FX業者はレバレッジがすごい

外FX業者のいいところは、ハイレバレッジで勝負できるところです。
日本はレバレッジ規制が行われたことで、今では25倍が最大という決まりになってしまいました。

昔は400倍で勝負できた時代があったのです。
しかし、調子に乗ってハイレバレッジで勝負して大けがをする投資家がどんどんでてきました。
そのままにしておくと、トレーダーが引退してFX離れが進んでしまうからこれではいけないということで規制されて現在のようになったのです。
それが理由で、日本は制限がかけられていますが、海外は規制がされていなくて、日本の何十倍というハイレバレッジを提供しています。
日本で規制される前のレバレッジ400倍なんて当たり前で、最高が1000倍なのです。
本当に夢の桁を提供しています。
そして、何処の海外FX業者も入金ボーナスを実施しています。
多いところでは、最大で入金額の100%をプレゼントしてくれます。

10万円の場合、入金した10万円と合わせると20万円になります。
頂いた10万円を証拠金に加えてトレードすることができます。

海外FXはトレーダーに嬉しい環境が充実

人気が出た当初に比べるとFXは年々規制が厳しくなって金融庁が常に目を光らせていることもあり、昔からFXをしている私のような人にとっては手法の変更を余儀なくされるほどの法改正があったりもして、なかなか思うようなトレードが出来ていないのが現状だと思います。

そんな国内のFX事情でひたすらあがいていくよりは、まだまだ締め付けの緩い海外FXに移ってストレスフリーなトレードをするほうが稼ぎもメンタルも安定すると考え、つい最近FX口座に充てていたお金を全て海外FX口座に入れて運用することにしました。

そしてトレード手法として始めたのがティックチャートを見ながらの秒単位スキャルピングなのですが、なぜ国内ではその手法をやっていなかったのかというと頻繁すぎるトレードは国内の多くのFX業者で禁止されているからです。

あまりにも秒単位のトレードを繰り返しすぎると口座凍結の可能性がある国内よりは、トレード頻度だけでなく他の多くの面で大らかなことは物凄いメリットだと思うので、これからFXをするときは海外をメインでやっていきたいです。

海外のFX業者について思うこと

みなさんも最近はFX取引というの言葉を頻繁に聞くようになったと思います。
ですが、そういう業者の中には海外のFX業者というのもあります。

そういうのはインターネットでFX取引について調べるとすぐに分かります。
そして、この手の海外のFX業者の特徴としてあるのがここの業者でFXをやって大儲けしたという内容の記事をよく
見かけます。

ですが、そういう記事のほぼすべてが海外のFX業者の自演記事です。ですから、これまでFX取引の経験がない初心者が
安易にこの手の海外のFX業者が良いという記事を信じて利用しない方が無難です。

そうしないと、思わぬ形で海外のFX業者にカモられてしまう可能性があるからです。
ただ、ひとつ注意すべき事があるのはすべての海外のFX業者が悪徳業者ではないという点です。

中にはそういう悪い業者もあるので簡単にインターネットの書き込みを信じてその業者を利用しないのが
一番です。ですから、事前にいろんな情報を見てその海外のFX業者が信用できるかどうか見極めてから
利用されると良いです。

高レバレッジが魅力の海外FX

日本の会社でFXをするとレバレッジは最大25倍と決まっています。以前は規制がなく数百倍で取引が出来たのですが、投資家保護などの観点から規制が入りました。

しかし、海外のFX会社を使うといまでの数百倍のレバレッジを書けた取引が出来ます。有名な会社では最大888倍ものレバレッジを書けることが可能です。米ドルなら3000円の資金で2万通貨ものポジションを持つことが出来ます。

また、多くの会社がゼロカットと呼ばれるシステムを採用しているのも魅力です。ゼロカットとは、預けてある補償金以上の損失が出た場合でもその分は請求されず、口座残高がゼロになるだけで済みます。ちなみに、日本の会社では追証が発生し、不足分を追加入金しなくてはいけません。

この様に、海外のFX会社には日本にはないダイナミックでアグレッシブな取引をすることが出来る環境があります。少額から取引をして数十万、数百万円の利益を出したという話も聞きます。もちろん、それ以上に負けてしまっている方がいる実力勝負の世界です。

日本のFXじゃ物足りないという方は海外FXに目を向けてみてはいかがでしょうか?